活動内容

2016観桜祭、多くの方が来庁されました(2016.3.25~4.4)

2016観桜祭(2016.3.25~4.4)


「未生流笹岡」笹岡隆甫家元 生け花パフォーマンス
「未生流笹岡」笹岡隆甫家元 生け花パフォーマンス

 本年も例年のように京都府庁の観桜祭が催されました。
期間は3月25日(金)~4月4日(月)、昨年より1週間くらい短い観桜祭でしたが、
旧議場修復完成による公開、そしてなにより桜の開花・満開時期とピッタリ重なったうえ、
天候にも恵まれたため、昨年を上回る多くの方が来庁されました。

旧議場 2階の傍聴席より
旧議場 2階の傍聴席より



 3月25日(金)~27日(日)には旧議場修復完成記念事業として知事出席のもと
完成披露式が行われ、その後3日間にわたり、生け花パフォーマンス、弦楽の調べが
織りなすブライダルショー、佐野藤右衛門氏による記念講演会等が華やかに執り行われました。

3月25日 初日の祇園しだれ桜
3月25日 初日の祇園しだれ桜



旧本館や旧議場では期間中数々のイベントがあり、旧知事室では来館者が1000名を
超える日もありました。
観桜祭は4月4日(月)に終了しましたが、今年は京都御所の一般公開が4月10日まで
ありましたため、都草では10日(日)まで特別のシフトを組みご案内を続けました。

熊谷 喜輝 理事のガイドツアー
熊谷 喜輝 理事のガイドツアー



お手伝い下さった会員の方々は延べ74名、本当にお疲れ様でした。そして有難うございました。
                            (報告 理事 西野 嘉一)

旧議場公開イベントで3日間、西野理事が明治期政治家に変身!!!

フロックコート姿でご案内の西野 喜和 理事
フロックコート姿でご案内の西野 嘉一 理事

 

今回の旧議場修復はシャンデリアと飾カーテンが取り付けられ竣工当時の華やかさが
再現されました。


DSC00562

その完成に合わせ19世紀中頃から使用された男性用礼装であるフロックコートと
シルクハットを着用してのご案内となりました。


sDSC00565s

モデル役に抜擢されてのは西野 嘉一理事。
自前のお髭が衣装にマッチして明治の紳士をより一層 醸し出されていました。

                        (広報部 岸本 幸子)

活動内容
このページの先頭へ戻る

Copyright © MIYAKOGUSA All Rights Reserved.