活動内容

東京支部第1回フィールドワーク 醍醐寺展鑑賞(2018.10.27)

東京支部第1回フィールドワーク 醍醐寺展鑑賞(2018.10.27)

 

日にち:2018.10.27(土)

場所 :六本木 サントリー美術館

参加者:8名(会員、家族含む)

 

10月27日(土)、東京支部第1回目のフィールドワークイベントを開催、六本木のサントリー美術館で開かれている「京都・醍醐寺 真言密教の宇宙」展を観に行きました。


展覧_1
支部では、昨年10月に初めてのオリエンテーション、12月には座談会を開き、東京近郊在住の会員の皆さんの交流の場を設けてきました。しかし、オリエンテーションや座談会だけでは参加していただける機会が少ないのではないかと考え、野外でのフィールドワークをメインとしたイベントを1回開催する事にしたものです。

醍醐寺展では、薬師如来と両脇侍像や両界曼荼羅図、醍醐寺縁起など、仏像、仏画、絵巻などの国宝、重要文化財が多数展示されていました。大変混雑していましたが、普段京都に行かなければ見る事が出来ない貴重な品々を東京で鑑賞出来、本当に感激しました。

展覧_3
第1回フィールドワーク 醍醐寺展を鑑賞しました

  会員6名とそのご家族合わせて8名が参加、集合のあと2時間ほど自由観覧としました。参加された方々も大変有意義な時間を過して頂けたのではないかと思っています。

 

観覧後は座談会に移り、ここから2名の会員も加わって展覧会の感想や各自の近況、京都に関しての話題など、色々な話題で盛り上がりました。

座談_2
座談会に参加された会員とご家族の皆さん

 

座談_3


座談_5


座談_4

大変盛り上がった座談会もあっという間に時間となり、初めてのフィールドワークイベントを無事に終了する事が出来ました。

座談_1
京都の話題で盛り上がった座談会でした

 東京支部としては、東京近郊在住の会員の皆さんが親睦を深めていただけるような場を提供するため、当面は年2回のイベント開催を基本に活動をしてゆきたいと考えています。

1つは、屋内で開くオリエンテーション。もう1つは今回のようなフィールドワークイベントで、こちらはなるべく屋外での開催を目指しています。

 

初めての試みで、参加された会員の皆さまにはご迷惑をお掛けした点もあったかと思いますが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。  (会員 加藤博賢)

 

(広報 須田信夫)

(写真 加藤博賢)

 

月別一覧
このページの先頭へ戻る

Copyright © MIYAKOGUSA All Rights Reserved.