活動内容

第107回 研究発表会

第107回 研究発表会

日  時  3月23日(月) 13:10~16:00
場  所  ひと・まち交流館 京都 3階第5会議室

発  表  1.13:10~14:30  高橋 正一会員
      「神沢杜口」と、その主著「翁草」
      江戸時代中期、長い生涯のほとんどを洛中の市井に暮らした神沢杜口( かんざわとこう)
      は、大著『翁草』を書き残しました。翁草には、京都の事件や風俗を含む諸事百搬に
      渡る、杜口の直接・間接の見聞が記録されています。
      しかし、その記載内容の考証や検証はあまりされていないので、それらを進めています。
      今回はそのうち(NHK大河ドラマに因み)明智光秀に関する記述ほか、興味深い記述を
      紹介したいと思っています。

      2.14:40~16:00  高橋 明俊監事
      「鴨川の橋をめぐる」
      現在京都市民の憩いの場となっている鴨川は、長い歴史のなかで様々な顔を見せ
      ています。禊の場としての神聖な川、疫病による犠牲者の葬送地、権力者による
      処刑の場、納涼や芝居見物などの歓楽地・・・
      その鴨川の橋のたもとや川辺には、先人たちが刻んだ多くの足跡が残されています。
      市内中心部の橋を巡りながら、それらの足跡を訪ねて往時に思いを馳せてみたいと
      思います。

参加費   無料(非会員500円)

月別一覧
このページの先頭へ戻る

Copyright © MIYAKOGUSA All Rights Reserved.