活動内容

第96回 研究発表会

第96回 研究発表会

日  時  9月21日(金) 13:10~16:00
場  所  ひとまち交流館 京都 3階第4会議室

発  表  1.13:10~14:30  松野 吉孝 会員
      <上映と説明>「尾上松之助葬儀実況」(大正15年9月16日)
      岡山出身の旅役者から、日本映画の父・牧野省三先生に見いだされ、
      生涯1000本の映画に主演した「目玉の松ちゃん」の、京都市始まって
      以来と言われた葬儀の記録映画です。西堀川・丸太町の松之助自宅か
      ら、下立売通り、千本通り、千本座前から、日活・大将軍撮影所へ。
      DVD映像を一時停止させながら、当時の京都の街並み、葬儀行列(
      先頭は「奴行列」、行列には浦辺粂子さんの姿も)、撮影所での「日活
      社葬」等の模様を確認します。
      暮らしや文化が垣間見えます。ご一緒にタイムスリップし、テストに挑  
      戦しましょう。どのように変遷したのかを見ながら歩いてみたいと思い      
      ます。

      2.14:40~16:00  武富 幸治 会員
      明治の工場・・・疏水の利用「事始め」
      京都の水道の水源は、今でも99%を琵琶湖疏水に依存している。それ
      意外は影が薄くなってしまった疏水だが、建設時には発電の他、舟運・
      灌漑に使われたことが知られている。
      工場の動力としての水車の利用は計画されていたものの、発電に変更さ      
      れたと言われている。しかしながら、水車の利用も意外に多くあった。
      これに興味を持ち、明治の工場が疏水の水やその水が生み出す電気をど
      のように利用して発展していったのかを調べてみた。

参加費   無料(非会員500円)

   
月別一覧
このページの先頭へ戻る

Copyright © MIYAKOGUSA All Rights Reserved.