活動内容

第24回 文化交流会 「真田紐ストラップ作りの体験」

第24回文化交流会 「真田紐ストラップ作りの体験」

   真田紐とは、縦糸と横糸を使い、機で織った平たく狭い織物の紐で、主に茶道具等の桐箱の紐、
  刀の下げ紐、鎧兜着用時の紐、帯締め、荷物紐等に使用されます。材質は木綿、正絹を使い特徴は
  伸びにくく大変丈夫です。数多くの柄があり、一部は家紋の様に家・個人の決められた柄もあります。
   名前の由来の一つとして、真田昌幸・信繁父子が紐を作成し生計を立てていたという俗説もあります。
   今回は真田紐のお話を聞き、ストラップつくりを体験します。

日   時  6月30日(土) 午前10時集合
場   所  真田紐師 江南(えなみ)(会場は2階 和室)
          京都市東山区問屋町五条下がる 電話 075-531-5429
定   員  20名(先着順)
締   切  6月22日(金)
会   費  2,700円 事前振込(6月22日迄)

スケジュール  10:00 真田紐のお話
            工房・機織り見学
            体験
        12:00 解散

振 込 先  会費振込先と同じ
月別一覧
このページの先頭へ戻る

Copyright © MIYAKOGUSA All Rights Reserved.