活動内容

第95回歴史探訪会(南部会)「麒麟に会いに坂本へ」(20.11.28)

第95回歴史探訪会(南部会)「麒麟に会いに坂本へ」

日  時 令和2年11月28日(土) 晴れ
集合場所 JR比叡山坂本駅
参 加  費 800円
参加人員 44名(スタッフ8名・担当理事含む)、二班制
コ ー  ス 石積み公園~阿波屋(穴太衆)~生源寺~大政所(山王祭)
     ~山の辺の道~西教寺(宗祖大師殿・明智家の墓)

 晴天に恵まれて、本部役員また伏見深草部会から一名の応援を得て、時間も予定通り終了できました。今回は予約制をとり44名の参加を得ました。
 コロナ対策で今回初めての、ワイヤレスマイクによるソーシャルディスタンスを取り、一班の人数も20名を上限としました。
 当初5月の予定が延びて、準備が間延びしましたがプラン作成会議、下見3回、ワイヤレスマイクテスト下見、資料の突合せ等6回渡る準備ができました。
 明智光秀のテーマで菩提寺の「西教寺」を含む坂本の町を取り上げました。マイクは離れていてもよく聞こえると好評でした。

最初に植山歴探担当理事より挨拶

 まず坂本の町を集合時に説明し、石積みの街並みを歩き、寺院を見ながらの町歩き、山の辺の道ではきれいな琵琶湖にみんな歓声を上げました。

駅前にて坂本の町を説明
穴太衆・石積の説明
伝教大師最澄誕生の地と伝わる生源寺にて
大政所にて
坂本の町を散策しながら
八講堂千体地蔵
琵琶湖を眺めながら

 テーマである明智の菩提寺「西教寺」ではひろ子の墓、麒麟の蟇股等解説が好評でした。

光秀の菩提寺、西教寺総門前にて
勅使門前の紅葉
宗祖大師殿唐門にて
蟇股の麒麟の彫刻
本堂前にて
光秀の妻煕子の墓
明智光秀一族のお墓

 ただ部会のスタッフはぎりぎりの人数で、応援も含めてやっとこなせた感じです。新しい会員が今回は、非常に多く参加いただきました。その中で部会にはいっていただければと思います。

(報告:南部会部長 酒井源弘)

案内を担当して頂いた南部会会員

写真:小松香織・熊谷喜輝
広報部:熊谷喜輝

 

活動内容
このページの先頭へ戻る

Copyright © MIYAKOGUSA All Rights Reserved.