活動内容

第147回都草美化活動~善法律寺~(H29.12.13)

第147回都草美化活動~善法律寺~(H29.12.13)

表門前
表門前

◆日  時:平成29年12月13日(水)午前10時~

◆場  所:善法律寺(八幡市八幡馬場88-1)

◆参加人数:28名(都草会員21名,やわた観光ガイド協会々員7名)

清掃前の説明
清掃前の説明

昨日から寒波の襲来で大変寒い中,参加者が集まっていただけるかと心配しましたが,「やわた観光ガイド協会」の会員の方々も参加いただき28名で実施することができました。

 昼前に住職さまが葬儀に出られるため,掃除の前に本堂においてご法話等を拝聴いたしました。

松浦康昭住職さま
松浦康昭住職さま

当寺は,律宗の総本山唐招提寺の末寺であり,約700年前の鎌倉時代に石清水八幡宮の検校であった善法寺宮清が奈良東大寺から実相上人をお招きして開山されました。全国に20数ケ寺しかない律宗寺院の一つで,八幡市内に当寺を含めて3ケ寺ありますが,寺院の多い京都市内には壬生寺,中院〈壬生寺内〉,法金剛院,地蔵院〈右京区〉の4ケ寺しかありません。

大西坊 覚運墓塔
大西坊 覚運墓塔
























本堂は,約350年前(江戸時代前期),石清水八幡宮の旧社殿の材料を用いた神仏習合の貴重な建物で,表門(江戸時代後期)とともに京都府指定文化財に指定されています。内陣の高御座にはご本尊の八幡大菩薩像(平安時代作,八幡市指定文化財)がお祀りされています。明治の神仏分離の際,当寺に安置されたもので,本来は地蔵菩薩であったとみられ左手で宝珠をささげ右手で錫杖を持たれています。

本堂
本堂

その他,愛染明王像(本尊の脇仏 鎌倉時代作,八幡市指定文化財)や阿弥陀堂の宝冠阿弥陀如来像(南北朝時代作,同市指定文化財),不動明王像(鎌倉時代作,同市指定文化財)などの文化財について詳しくお話していただきました。

ご法話の後,境内には僅かに陽射しがありましたが肌寒い中,庭園と本堂周辺を中心に手分けして落葉の回収を始めました。約100本の紅葉(当初の紅葉の木は足利義満の母,良子が寄進されたもの)がほとんど散り落ちて,大量の枯葉が境内全体を埋め尽くしていました。そこで,まず,ブロアー3台を活用して路地に集めてからブルーシートに乗せ,次々と本堂の裏山に運んで積み上げました。

清掃風景①
清掃風景①
清掃風景②
清掃風景②
清掃風景③
清掃風景③
清掃風景④
清掃風景④
清掃風景⑤
清掃風景⑤
清掃風景⑥
清掃風景⑥
清掃風景⑦
清掃風景⑦
清掃風景⑧
清掃風景⑧

皆様の頑張りですっかり境内の落葉がなくなり,参加された皆様には達成感があったと思います。

当日の成果
当日の成果



















おわりに,今回が本年最後の清掃活動になりましたが,今年,ご参加いただきました方々には心より感謝申し上げます。来年も清掃活動へのご参加並びに美化活動に対するご協力をよろしくお願いいたします。

清掃後の庭園
清掃後の庭園

(次回美化活動のお知らせ)

新年は1月18日(木)午前10時から元離宮二条城(東大手門前集合)で行います。

※雨天中止(降水確率70%以上の場合)。

               報告者 :美化活動部 奥本 徹夫
               写真撮影:奥本 徹夫会員
                   (広報部 松井浩治)

活動内容
このページの先頭へ戻る

Copyright © MIYAKOGUSA All Rights Reserved.