活動内容

久多の松上げレポート(16.8.23)

久多の松上げレポート(16.8.23)


笠が火に包まれる
笠が火に包まれる
地面に叩きつけられた燈籠木
地面に叩きつけられた燈籠木

 夜の祭りに出没すると噂されている高橋夫婦です。
8月23日に久多宮の町(みやのちょう)で行われました。
この地の松上げも火災除け・五穀豊穣・無病息災を祈念した愛宕大明神への献灯行事です。
前触れの太鼓や鉦の音は小さくて単調。8時になると何となく松上げが始まりました。
燈籠木の長さは15m位とややコンパクト。
しかし、燈籠木の川を挟んだ対岸から見ていたので燈籠木までの距離は30mもなく、
迫力十分。

河原の草に引火
河原の草に引火


あまりにも近かったので投げ損じた上げ松が飛んで来て、目の前の河原の枯草に引火。
これもご愛嬌か。
練習不足なのか技量不足なのか、はたまた、たまたまなのか、燈籠木の笠の高さまで
届くような上げ松があまりありません。

笠の脇腹に着火
笠の脇腹に着火


10分間位やきもきしていたら、なんと上げ松が笠の脇腹に突き刺さり、そこから着火。
(後で聞くと、「こんなこともあるもんだ」と地元のひとが苦笑していました)

炎が大きくなる
炎が大きくなる


その後、入った上げ松はありませんでしたが、結果オーライで順調に炎が大きくなり、
火の粉が線香花火のように流れ落ちる様は綺麗でした。

燈籠木が倒れ始めた
燈籠木が倒れ始めた


燈籠木が倒れると、距離が近かったので、地響きが伝わり、顔に熱風を感じました。

炎の舞
炎の舞


有名な広河原や花背の松上げと比較すると、会場も小さく派手さはありません。

翌朝の松上げ会場
翌朝の松上げ会場


しかし、観光客や写真愛好家が少ない分、静かで神事の雰囲気が溢れていて
非常に好感が持てました。(会員 高橋 浩次 & 直子)

             (広報部 岸本 幸子)


活動内容
このページの先頭へ戻る

Copyright © MIYAKOGUSA All Rights Reserved.