活動内容

平成28年愛宕さん千日詣りレポート(16.8.1)

平成28年愛宕さん千日詣りレポート(16.8.1)

神門から本殿を望む
神門から本殿を望む

 

 夜の祭りに出没すると噂されている高橋夫婦です。
大船鉾ボランティアで蓄積された疲労が抜けないまま、千日詣りを敢行しました。
市バスと京都バス臨時便を乗り継ぎ、清滝へ向かいました。臨時便は満員。
逆方向の京福嵐山駅行の臨時便にも多数のひとが乗っていました。
渋滞も無くすんなりと到着。午前0時から登山開始。
すれ違う下山客との「おのぼりやーす」「おくだりやーす」の掛け声の
やり取りが心地よい。

登山道途中
登山道途中



それも束の間。登り始めて15分でもう上着とタオルが汗でベチャベチャ。
こまめに水分補給と休憩を繰り返し、ゆっくりと登りました。
参拝客が救護隊員に質問していたのを小耳に挟みました。
この時点で担架で運ばれたひとは一人。
但し、体調不良なのか外傷なのかは聞けませんでした。
登山開始してから2時間15分で社務所へ到着。

市街地夜景
市街地夜景



社務所向かいの京都市街を望む平坦地にはレジャーシートを広げたり
簡易テントを設営してくつろぐグループで一杯でした。
ご来光を待つのでしょう。
社殿では折しも朝御饌祭の真っ最中。ひとごみで中が見えませんでした。
10分もすると汗で濡れた体が冷えてきたので、参拝を済ませてから早々に下山開始。
下り道はスピードが上がると目論んでいましたが、前日の夕立の為に石や石段、
丸太がツルツルで何度も滑って転びました。
他の下山者も皆、恐る恐る下るので、結局2時間かかりました。

本殿にて朝御
本殿にて朝御



清滝に着く前には夜が白々と明け、気分爽快。
臨時便の始発が5時半と聞いていたので、待ちきれず、タクシーに乗りました。
交通規制の為、試峠を越えて行きましたが、歩行者が多いのには驚きました。
愛宕さんに登ってから、更に、嵐山方面まで試峠を歩いて越えるとはすごい!
この苦行とも言える千日詣りでしたが、得られた達成感は多大でした。
しかし、「また行くか」と問われると「ご勘弁を」と答えたい。
                 (会員 高橋 浩次&直子)

                 (広報部 岸本 幸子)

活動内容
このページの先頭へ戻る

Copyright © MIYAKOGUSA All Rights Reserved.